『ボイトレーナー(VoiTrainer)』に関するよくある質問と回答集です。

 

 

 
Q1. VoiTrainer付属のカラオケ曲(ちょうちょう・あおげば尊し・ソーラン節)以外にも再生させることはできますか?
Q2. MP3など、MIDIファイル以外のデータを再生させることはできますか?
Q3. カラオケを再生しても歌詞が表示されません。
Q4. ピッチグラフに表示される赤ラインが、メロディ(ボーカル)パートと違います。
Q5. 自作のMIDIファイルをカラオケとして再生できますか?
Q6. 「リプレイボイス」で歌声を再生させると、音が飛んでしまいます。
Q7. VoiTrainer本体のボリュームを調節しても音量が変わりません。
Q8. VoiTrainer本体のボリュームを調節しても、リプレイボイスの歌声の音量が変わりません。
Q9. カラオケを読み込んで再生しても音が鳴りません。
Q10. 「ピッチトレーニング」で高い音程の声が出せないのですが。
Q11. 「ピッチトレーニング」で低い音程の声が出せないのですが。
Q12. マイクに向かって声を出しても、ピッチグラフに緑ラインが表示されません。
Q13. ピッチグラフの緑ラインが赤ラインよりも大きく下にずれて表示されてしまいます。
Q14. ピッチグラフの緑ラインが赤ラインよりも大きく上にずれて表示されてしまいます。
Q15. VoiTrainerを複製配布しても良いのでしょうか?
Q16. Mac版はないのですか?
Q17. 「MIDIデバイスをオープンできません。パソコンを再起動する必要があります」と表示され、再起動を繰り返しても解消しません。
Q18. シリアル番号を入力しても正規化できません。
Q19. 体験版を使用した後、パッケージ版を再インストールすると「新しいバージョンがすでにインストール済み」あるいは、「ソフトウェアはインストールも削除もされません」等と表示され先に進めません。
Q20. ローランドで購入後ダウンロードしたカラオケはどうすれば使えますか。
Q21. 正規化の時「このシリアル番号は既に登録済です。一つのシリアル番号では、一人のお客様のみが登録できます。」というメッセージがでて正規化できない。
Q22. バージョン2.0.1では何が変わりましたか。
Q23. ダウンロードが終了する手前で「一般的にダウンロードされておらず、危険を及ぼす可能性があります。」とのメッセージがでるため、ダウンロード出来ない。どうすればいいか。

 

 

 

<回答>

 

     
Q1. VoiTrainer付属のカラオケ曲(ちょうちょう・あおげば尊し・ソーラン節)以外にも再生させることはできますか?
 

 

MIDIファイル形式のものであればVoiTrainerで再生することができます。

また、YAMAHA社等が供給するカラオケデータ(MIDI)をお使いいただきますとお好みの楽曲でトレーニングできる他、ハイクオリティな伴奏でお楽しみいただくことができます。

 

<主なMIDIデータ販売サイト対応表>

販売元
データ種類
歌詞表示
楽器演奏用歌詞表示対応

ローランド
ネットワークサービス

カラオケ曲(PC向け)

 

● MIDIデータ購入時における疑問等は、各販売サイトへお問い合わせください。

 

 

戻る

Q2. MP3など、MIDIファイル以外のデータを再生させることはできますか?
 

 

MIDIファイル形式、もしくはVoiTrainer専用ファイル(.vt / .vts)形式以外のデータでは再生させることはできません。

 

 

戻る

Q3. カラオケを再生しても歌詞が表示されません。
 

 

歌詞が組み込まれていないカラオケ(MIDIファイル)では歌詞表示はされません。

現在、YAMAHA社『音楽データショップ(楽器演奏用)』、ミュージックノート社『MIDIPAL(ジャカジャン用 / 歌楽用)』から提供されているデータでの歌詞表示が確認されています。

 

 

戻る

Q4. ピッチグラフに表示される赤ラインが、メロディ(ボーカル)パートと違います。
 

 

MIDIファイルによって、メロディ(ボーカル)パートが収録されている場所が異なる場合がございますので、その際はVoiTrainerの設定を変更する必要があります。

VoiTrainer内で以下の操作を行って下さい。

 

 [OPTION] → [ガイドメロディ] → [ガイドメロディのチャネルナンバー] の設定を変更します。

 

メロディ(ボーカル)パートのチャネルナンバーがわからないときは、1~16までのどれかの数値を設定した後、本体の [GUIDE] ボリュームを「0」にしてみます。このとき、ガイドメロディのみの音量が消音されれば、設定したそのチャネルナンバーがメロディ(ボーカル)パートということになります。消音されない場合は、[ガイドメロディのチャネルナンバー]を違う数値に変更して、再度同じように [GUIDE] ボリュームを「0」にして確認して下さい。

 

   

ユーザーズマニュアル 第4章 4-9項「(2) ガイドメロディのチャネル変更」を参照)

 

 

戻る

Q5. 自作のMIDIファイルをカラオケとして再生できますか?
 

 

スタンダードMIDIファイル(SMF)形式のものであれば再生できます。

 

 

戻る

Q6. 「リプレイボイス」で歌声を再生させると、音が飛んでしまいます。
 

 

以下の原因が考えられます。

 

1.VoiTrainer以外のアプリケーションを同時に起動している

 

  >対処法

   VoiTrainer以外のアプリケーションを終了させてからお使い下さい。

 

 

2.お使いになっているパソコンのスペックが低い

  お使いのパソコンの性能によりましては、VoiTrainerの動作が低下することがございます。ただ、近年はパソコンが多様化し推奨パソコン性能をお示しするのが困難になってきております。お使いのOSが快適に動作する環境にて、お使いください。

   

  ○Ver2.0をお使いの場合は以下に示す録音時のバッファサイズの変更をお試しください。改善させる場合もございます。

      [option]ボタン→[録音]タブ→「バッファの大きさ」を「大きい」に切り替える

      切替後、録音(練習)し直す。

 

 

3.マイクの接触が悪い

  マイクからの音声入力が途切れてしまうとVoiTrainerでの録音が不十分となり、その結果、リプレイボイスで再生される音声が途切れてしまいます

 

  >対処法

   マイクの接続を確認して下さい。

 

 

戻る

Q7. VoiTrainer本体のボリュームを調節しても音量が変わりません。
 

 

外部音源でのカラオケ再生を設定している場合、もしくは一部の内臓音源(ソフト音源)でのカラオケ再生を設定している場合、VoiTrainer本体のボリュームは無効となります。

外部音源で再生させている場合は、外部音源側のボリュームを調節して下さい。

 

 

戻る

Q8. VoiTrainer本体のボリュームを調節しても、リプレイボイスの歌声の音量が変わりません。
 

 

VoiTrainer本体のボリュームはカラオケのみの音量調節が可能です。

 

 

戻る

Q9. カラオケを読み込んで再生しても音が鳴りません。
 

 

以下の原因が考えられます。

 

1.VoiTrainer本体のボリュームが「0」になっている

 

  >対処法

   VoiTrainer本体のボリュームを上げて下さい。

 

 

2.パソコンのMIDI再生音量が「0」になっている(Windows XPの場合)

 

  >対処法

   パソコン側で以下の操作を行って下さい。

 

   ① 画面右下にあるスピーカーのアイコンをクリック。

   ② ボリュームコントロールの画面が開いたら「SWシンセサイザ」の音量を上げて下さい。

   ※ 「ミュート」もしくは「全ミュート」にチェックが付いている場合は、チェックをはずして下さい。

 

 

3.パソコンのスオーディオの音量が「0」になっている

 

  >対処法(Windows XPの場合)

   パソコン側で以下の操作を行って下さい。

 

   ① 画面右下にあるスピーカーのアイコンを右クリック。

   ②「ボリュームコントロールを開く」を選択。

   ③ ボリュームコントロールの画面が開いたら「SWシンセサイザ」の音量を上げる。

   ※ 「ミュート」もしくは「全ミュート」にチェックが付いている場合は、チェックをはずして下さい。

 

 

  >対処法(Windows Vista / 7 の場合)

   パソコン側で以下の操作を行って下さい。

 

   ① 画面右下にあるスピーカーのアイコンを右クリック。

   ②「音量ミキサを開く」を選択。

   ③ 音量ミキサの画面が開いたら音量を上げる。

   ※ 「ミュート」がオンになっているときは解除して下さい。

 

上記の方法で解決できない場合は、Windows「Gm16.dls」ファイルがないか破損している等の原因が考えられますので、マイクロソフトサポートにお問い合わせ下さい。

 

 

戻る

Q10. 「ピッチトレーニング」で高い音程の声が出せないのですが。
 

 

声域にはそれぞれ個人差がありますので、必ずしも「ピッチトレーニング」で設定された高音が出せるようにならなければいけないということではありません。無理をして発声しますと、声帯を損傷させてしまう原因となります。また、その日の体調によっても声域が変化してきますので、無理のない音程での発声を心がけて下さい。

 

 

戻る

Q11. 「ピッチトレーニング」で低い音程の声が出せないのですが。
 

 

声域にはそれぞれ個人差がありますので、必ずしも「ピッチトレーニング」で設定された低音が出せるようにならなければいけないということではありません。無理をして発声しますと、声帯を損傷させてしまう原因となります。また、その日の体調によっても声域が変化してきますので、無理のない音程での発声を心がけて下さい。

 

 

戻る

Q12. マイクに向かって声を出しても、ピッチグラフに緑ラインが表示されません。
 

 

以下の原因が考えられます。

 

1.マイクのスイッチがオフになっている

 

  >対処法

   マイクのスイッチをオンにして下さい。

 

 

.マイクの接触が悪い

 

  >対処法

   マイクの接続を確認して下さい。

 

 

3.パソコンのマイク入力の音量が「0」になっている

 

  >対処法1

   パソコン本体にマイクボリュームが付いている場合は、ボリュームを上げて下さい。

 

  >対処法2

   パソコン側で以下の操作を行って下さい。

  (ユーザーズマニュアル 第3章 3-3項「マイクを接続してみる」を参照)。

 

  (Windows XPの場合)

   ① 画面右下にあるスピーカーアイコンを右クリックし、「オーディオプロパティの調整」を選択します。

   ② [オーディオ] タブを開き、 [録音] 枠にある [音量] をクリックします。

   ③ 「録音コントロール」の画面が開いたら、「マイク」の音量を上げて下さい。

 

   ※ 画面右下にスピーカーアイコンがみつからない場合は、以下の操作を行って下さい。

 

   [スタート] → [コントロールパネル] → [サウンドとオーディオデバイス] → 上記②の項目に移る。

 

   

  (Windows Vista / 7 の場合)

   ① 画面右下にあるスピーカーアイコンを右クリックし、「録音デバイス」を選択します。

   ② マイクの覧を選択し、右クリックでプロパティ」を開きます。

   ③ [レベル] タブを開いて、音量を上げて下さい。

 

 

 

戻る

Q13. ピッチグラフの緑ラインが赤ラインよりも大きく下にずれて表示されてしまいます。
 

 

VoiTrainer内で以下の操作を行って下さい。

 

[OPEN] ボタンでカラオケを読み込んだ際、もしくは再生中のカラオケを停止させると歌詞表示エリアに [声域の調整] ボタンが表示されます。

」側のボタンをクリックして調整を行って下さい。

 

ユーザーズマニュアル 第4章 4-3項「声域の確認と設定」を参照)

 

 

戻る

Q14. ピッチグラフの緑ラインが赤ラインよりも大きく上にずれて表示されてしまいます。
 

 

VoiTrainer内で以下の操作を行って下さい。

 

[OPEN] ボタンでカラオケを読み込んだ際、もしくは再生中のカラオケを停止させると歌詞表示エリアに [声域の調整] ボタンが表示されます。

」側のボタンをクリックして調整を行って下さい。

 

ユーザーズマニュアル 第4章 4-3項「声域の確認と設定」を参照)

 

 

戻る

Q15. VoiTrainerを複製配布しても良いのでしょうか?
 

 

問題ありません。

VoiTrainerをインストールした後、シリアル番号を登録して正規化するまでは「14日間の試用版」として動作します。全ての機能をお試しいただけますので、VoiTrainerの購入をご検討されているご友人の方がいらっしゃいましたら、ぜひ試用版をお薦め下さい。

但し、ユーザー登録をされているお客様以外へのシリアル番号の譲渡、ならびに、ユーザー登録をされているお客様以外が使用する為の本製品の正規化は固く禁じられています(VoiTrainer使用許諾契約書 第2条・第3条に基づく)。

 

 

戻る

Q16. Mac版はないのですか?
 

 

申し訳ございません。『VoiTrainer』はWindows版のみとなっております。

一部、Windows版ソフトウェアを動作させることができるMac環境がございますが、弊社では保証しておりません。また、Macで動作させた場合における不具合、パソコンの故障などのトラブル発生につきましては、弊社では一切対応し兼ねますのでご了承下さい。

 

 

戻る

Q17. 「MIDIデバイスをオープンできません。パソコンを再起動する必要があります」と表示され、再起動を繰り返しても解消しません。
 

 

VoiTrainerを演奏させるための音源が内臓されていないことが考えられます。

 

[OPTION] →「MIDIデバイスの選択」の一覧に何も表示されていない場合は「Microsoft GS Wavetable SW Synth」が削除された可能性が考えられます。マイクロソフトサポートにお問い合わせ下さい。

 

 

戻る

Q18. シリアル番号を入力しても正規化できません。
 

 

「ライセンスキー登録画面」の記入欄に、間違ってシリアル番号を入力していることが考えられます。

 

以下の操作を行って下さい。

 

 ① 正規化ウィザードが開いたら「(1)まずこちらからライセンスキーを入手する」をクリック。

 

 ② 「パッケージ版」もしくは「ダウンロード版(シリアル番号は入手済み)」を選択。

 

 ③ 次に、シリアル番号を入力。

 

 ④ Eメールアドレスを入力。

 

 ⑤ 入力したシリアル番号とEメールアドレスに間違いがなければ、[送信]をクリック。

 

 ⑥ インターネットブラウザが開き、フロントビジョン・ライセンスセンターからのメッセージが表示されます。

 

 ⑦ ブラウザの中央に表示される20桁の英数字(赤文字)がライセンスキーです。

  ライセンスキーはメモに控えるかコピーして下さい。

 

 ⑧ 再び正規化ウィザードに戻り、「(2)ライセンスキーが届いた方はこちら」をクリック。

 

 ⑨ [ライセンスキー登録」ウィンドウが開いたら、 先ほどのライセンスキー(シリアル番号ではありません)を入力し、[登録] ボタンをクリック。

 

ユーザーズマニュアル 第3章 3-1項「正規化ウィザードの実施」を参照)

 

 

 

戻る

Q19. 体験版を使用した後、パッケージ版を再インストールすると「新しいバージョンがすでにインストール済み」あるいは、「ソフトウェアはインストールも削除もされません」等と表示され先に進めません。
 

 

すでに最新版VoiTrainerがインストールされていますので、新たにインストールを行う必要がありません。

[キャンセル]ボタンをクリックし、すでにインストールされているVoiTrainerを起動してお使い下さい。

※ 体験版製品にて正規化登録を行うことによって、製品版としてお使いいただくことができます。

 

VoiTrainerのアイコンが見つからない場合は、以下の操作でアンイストールを行い、パッケージ版製品に同封されております「アップグレードディスク」を準備、もしくは当ホームページの「ダウンロード」ページから「アップデータ」ファイルをダウンロードし、再インストールを行って下さい。

 

 

 ① [スタート][コントロールパネル]から「プログラムの追加と削除」あるいは「プログラムと機能」を開く。

 

 ②リスト内の「VoiTrainer」を削除。

 

 ③ 削除後、「アップグレードディスク」をパソコンに挿入、もしくはダウンロードした「アップデータファイル」を開き、[setup.exe]をダブルクリックしてインストールを開始します。

 

 

 

戻る

Q20. ローランドで購入後ダウンロードしたカラオケはどうすれば使えますか。
 

 

ダウンロードからカラオケデータを使えるようにするまでの手順を説明します。尚、使用したブラウザはInternet Explorer11です。

(1)購入手続き後ダウンロードします。
 
(2)「保存」を選択します。
 
(3)「フォルダを開く」を選択します。
 
(4)「ダウンロード」フォルダにカラオケデータ(zip形式)がダウンロードされています。
 
(5)カラオケデータは解凍せずにそのまま「VoiTrainer Files」フォルダに移動あるいはコピーします。
 
(6)「VoiTrainer」を起動し、[OPEN]ボタンでダウンロードしたzipファイルの入ったフォルダを選ぶと自動的に解凍されます。zipファイルは「解凍済のZIPファイル」フォルダに移動します。
 

 

 

 

戻る

Q21. 正規化の時「このシリアル番号は既に登録済です。一つのシリアル番号では、一人のお客様のみが登録できます。」というメッセージがでて正規化できない。
 

 

このメッセージは以前に使用したメールアドレスと異なるメールアドレスを使用して正規化しようとしたときに発生します。

前回と同じメールアドレスで正規化を実施してください。すでに使用していないメールアドレスでも問題ありません。

以前のメールアドレスを忘れた場合にはお問い合わせください。ご本人確認後、ご連絡いたします。

また、新しいメールアドレスで正規化を実施したい場合も、ご連絡いただければ対応いたします。

 

 

 

戻る

Q22. バージョン2.0.1では何が変わりましたか。
 

 

曲を選ぶ「曲選択ウインドウ」の曲名表示をファイル名表示に切り替えることが可能になりました。

下の画像の様に「曲名」項目欄をクリックする毎に曲名表示とファイル表示を切り替えることができます。
 
なお、歌詞表示エリアに表示される曲名も、この切り替えに同期します。

 

 

 

戻る

Q23. ダウンロードが終了する手前で「一般的にダウンロードされておらず、危険を及ぼす可能性があります。」とのメッセージがでるため、ダウンロード出来ない。どうすればいいか。
 

 

このメッセージはブラウザとして「Google Chrome」を使用している場合、表示されることがあります。弊社が配信しているソフトウェアはいずれも問題ありませんので、安心してご使用ください。このようなメッセージがでた場合は、下の図の様に矢印部分をクリックすると「継続」が表示されますので、この「継続」を選択して頂くことで、ダウンロードが完了致します。

  
 
※これはダウンロード数がGoogleが設定した規定数に満たない場合表示されるとの情報がありますが、詳細は発表されておりません。

 

 

 

戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

 

このページのトップへ